アートを身近に!今夜スタートの『毛利嘉孝のアート・リパブリック』は『原爆の図 丸木美術館』より。~戦争を知らない君たちにも~

8月からリニューアルした『むんぱれTuesday』(火曜23:00-23:30)。

本日第4週は『毛利嘉孝のアート・リパブリック』。

パーソナリティの毛利嘉孝は、メディア/文化研究が専門で東京藝術大学の教授として現代美術や音楽、メディアなど現代文化と都市空間の編成や社会運動をテーマに批評活動を行っている。

『毛利嘉孝のアート・リパブリック』は、アートと生活の交差点、そこで起きている面白い出来事や事件、奇妙な人々の生活を紹介しようというもの。

第1回目の今夜は東松山『原爆の図 丸木美術館』で現在開催中の作家・白川昌生(しらかわよしお)さんの展覧会の話。現地で取材した白川さんと学芸員の岡村幸宣さんのインタビューをお届けします!

 

★『原爆の図 丸木美術館』

白川昌生「ここが地獄か、極楽か」展

白川昌生展 ここが地獄か、極楽か。
多面的な芸術実践を続ける白川昌生が、太平洋戦争を描いた《戦争地獄図》(2003)、そして《太平洋戦争敗戦記念碑 プラン1》(2015)など一連のドローイング作品を含む、戦争を主題として取り入れながら制作した作品と、本展覧会のために新たに制作された作品群を発表する。

 

★RadiCro 「むんぱれTuesday 」
8/24(火)23:00-23:30  リアルタイム聴取はこちらから

 

★タイムフリー放送:
下記の期間中、 「むんぱれTuesday」ページの「前回の放送」でお好きな時間に聴けます。
8/31-9/12

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました