2020年 3月 の投稿一覧

バンクシー・ファン必聴!「むんぱれTuesday」 ゲストに社会学者・毛利嘉孝さん登場!

3月からリニューアルし、DJナオエレーヌがナビゲートする「むんぱれTuesday・ゲストトーク・ナイト」。 4/7(火)、5/5(火)は社会学者・東京藝術大学大学院教授の毛利嘉孝さんをゲストに迎え、最新著書『バンクシー アート・テロリスト』を中心にお話しいただきました。 世界各地で壁などの公共空間にゲリラ的に絵を描き、政治・社会問題を視覚化する覆面ストリート・アーティスト、バンクシー。近年では、サザビーズ・オークションで作品が高額で落札された瞬間に額縁に内蔵されたシュレッダーで裁断された「事件」や、日本では、東京の防潮扉で発見されたネズミの絵を小池百合子東京都知事がTwitterに投稿し、話題をさらいました。 謎につつまれているバンクシーですが、最近はディズニーをもじったテーマパークや、パレスチナとイスラエルの分離壁の前に建てたホテル等、グラフィティにとどまらない、スケール感のあるプロジェクトを‘チーム・バンクシー’としても展開。報道だけでは見えてこない、バンクシーの作品性、運営体制、また、都市空間は誰のものなのか、という問いかけを毛利さんが鋭く考察します! ■RadiCro Tokyo「むんぱれTuesday ゲスト・トーク・ナイト」 4/7(火)、5/5 (火)23:00-23:30 放送 https://tokyo.radicro.com/ ■再放送:翌日(水)12:30-13:00、翌々日(木)9:30-10:00 以下の「タイムテーブル」から聞けます。 https://www.radicro.com/ ■翌週から以下の「むんぱれTuesday」ページ、「前回の放送」でお好きな時間に聞けます。 https://www.radicro.com/program/munpare.html ●毛利嘉孝(もうり よしたか) 社会学者、東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授。専門は文化研究/メディア研究。 著書に『ストリートの思想:転換期としての1990年代』、『ポピュラー音楽と資本主義』など。現代文化や社会運動を中心に批評活動を行っている。 http://mouri.geidai.ac.jp/

リアルなニューヨーク情報を現地から発信する新番組がスタート!!

4月より、ニューヨークから発信する番組がスタートします!
毎週金曜23:00~23:30『ENTERART 逢坂由佳梨のRADIO NEW YORK

ニューヨーク在住のダンサー逢坂由佳梨が自身の体験を交えながらニューヨークをはじめとするアメリカの時事やニューヨークで流行している事をはじめ、週替わりではピックアップしたアート、ファッション、グルメ、音楽などの情報や、ニューヨークで活躍する日本人を紹介する番組。
逢坂由佳梨
ENTERART
(エンターアート)代表
兵庫県神戸市出身
ニューヨーク在住の舞踊家、振付家
神戸の貞松・浜田バレエ団出身

現在は、ニューヨークとパレスチナを拠点に国際的に活動するコンテンポラリー・ダンスカンパニー、Yaa Samar! Dance Theatre(https://ysdt.org)にて2005年から主要メンバーとして海外ツアー等に参加。
アメリカを中心にミュージカル、オペラ、ミュージックビデオなどにパフォーマーとして出演、振付を提供。
2020年にロックとダンスとマルチメディアがコラボする舞台「チェリーを三つ入れてください。」を演出・振付を含め総合プロデュース。

【ENTERARTの過去の活動】
2019年5月 今回上演する「チェリーを三つ入れてください。」に先がけたダンスワークショップと、出演者のオーディションを神戸アートビレッジセンターにて開催。D_Drive Yukiと逢坂由佳梨がイベントを開催。
2019年9月 アメリカ・ニューヨークでの「Create Mosaic LIVE!」フェスティバルにて、ソロ作品を発表。同じくニューヨークのパフォーマンススペース、GreenSpaceのキューレーションシリーズのひとつとして「Give Me Two More Cherries, Please」 を発表。

「チェリーを三つ入れてください」
兵庫県にゆかりのあるアーティストをフィーチャーし、ロック、ダンス、マルチメディアがコラボする異色の新作舞台作品
《阪神・淡路大震災から25年。「復興」と共に育った私たちが紡ぐストーリー。》
【公演内容】
楽曲と演奏を関西出身でマーシャル・レコーズより世界デビューしたインストルメンタル・ハードロックバンド・D_Drive、舞台美術を神戸・三ノ宮駅前広場の建築デザイナーである津川恵理、演出・振付を神戸出身でニューヨークとパレスチナを拠点に国際的に活動するYaa Samar! Dance Theatreの逢坂由佳梨が手がける。加えて兵庫県出身の新進気鋭のダンスパフォーマー達がバレエ(松尾珠里/貞松・浜田バレエ団)、ヒップホップ(和田芽莉樺)、モダンダンス(下野のぞみ)、コンテンポラリーダンス(橋本さくら)と幅広いジャンルから集結。阪神淡路大震災からの復興と共に育ってきたことを物語の背景として、映像も加わりステージの範囲だけにとどまらない、群像劇を展開。大盛況により再演の声も多く寄せられている。




 

神戸大学が世界初の新教育プログラムをスタート

神戸大学Radioに、神戸大学 副学長 國部克彦さんと工学部 祇園景子さんにお越しいただき
今年4月からスタートする世界初の新たな教育プログラム「V.School」についてお話頂きました。



「V.School」とは、「Value School(バリュー・スクール)」の通称で、「価値」 をキーワードに分野横断的な研究・教育・社会貢献のプラットフォームの実現を目指しています。

教わるのではなく考え抜く場
 「価値」 は人によって違います。各々の 「価値」 を見つけるために、教員が学生へ向けて講義をするのではなく、V.Schoolに集う人たちが共に問いを立てて考え抜くことを実践します。

情報ではなく気づきを得る場
 教科書や論文、最新ニュースなどの情報は、ネットを探せばどこでも手に入ります。V.Schoolでは、情報を提供するのではなく、物事を捉える視点を提案し、価値創造につながる気づきを得ること大切にします。

プランではなくプロトタイプの場
 考えたアイデアやコンセプトを具体的なカタチにしていくことはとても勇気のいることです。V.Schoolでは、立案にとどまらず、実際にモノ・コトを創って、価値を実現しようとする人たちと協働します。

社会課題のソリューションや新産業の誕生につながるイノベーションを生み出すために、世界に向けた価値創造が出来る人材を育てる新たな基盤(プラットフォーム)が大学には必要だという問題意識から、V.Schoolを設立することとなりました。

V.Schoolは、創造的・実験的・挑戦的な学びの機会を提供することで、これまでにない新たな価値を社会に生み出そうとする人たちが、その潜在能力を高め、十分に発揮することを目指しています。「価値創造=価値創発×価値設計」 として体系化された教育プログラムを既存学部・研究科とともに設計・提供し、価値を問い、価値を実現するプロセスを理解できる人を育てるプラットフォームをつくります。

とのこと…
詳しい内容やどんなプログラムなのかについては、3月13日21:00~の放送をお聴き頂くか、放送後のアーカイブを番組ページから聴取ください。
とてもわかり易くお話頂いております。

神戸大学Radio番組ページ ⇒ https://www.radicro.com/program/kobe-u.html

また、その他情報は下記の各SNSでも随時情報発信されておりますのでチェックしてみてください。
Instagrum ⇒ https://www.instagram.com/value_kobe/
Facebook ⇒ https://www.facebook.com/value.kobe/
Twitter ⇒ https://twitter.com/value_kobe

#神戸大学
#世界初新教育プログラム
#V.School
#バリュー・スクール
#RadiCro
#レディクロ

配信状況のご報告と現時点での対応について

平素はRadiCroをご愛顧頂き誠にありがとうございます。

先日ご報告させて頂きました配信状況(https://www.radicro.com/news/radicro-news/831)につきまして
報告後、リスナーの皆様より多くのご連絡を頂きました。
誠に感謝申し上げます。

現状で聴くことが出来ない状況であることが確認出来ております端末のバージョンとブラウザは以下の通りです
【端末バージョン】
Android 9.0
Windows 7
Windows 10

【ブラウザ】
Google Chrome

以上の組み合わせでは聴けないようです。
これはおそらくGoogleが2月24日おこなった「Google Chrome」のセキュリティアップデートの影響の可能性が高いと考えられます。

その他、上記以外で聴けないという場合は、原因特定と対応を行うためにも端末の種類とOSのバージョン・ブラウザの種類とバージョンを確認頂き下記のページよりメッセージフォームにて報告と合わせてお知らせ頂きますようよろしくお願い致します。

https://www.radicro.com/contact.html

引き続きみなさまのご協力よろしくお願い申し上げます。

リスナーの皆さまからの報告によりますと、
聴取いただくブラウザを下記のブラウザに変えた場合は聴けるとの報告を受け聴取頂くことが出来る事を確認致しました。

・Androidなどの場合、Yahooアプリから聴取可能
・Windowsの場合、Microsoft EdgeおよびInternet Explorerから聴取可能

聴けないというリスナーの皆さまには不便をお掛けしておりますが
現時点での対応は上記の報告により聴取ブラウザを変更して頂きお聴き頂ければ幸いです。

リスナーのみなさまにはご迷惑をお掛けしておりますこと深くお詫び申し上げます。
出来るだけ速やかに改善できるよう努めてまいります。

今後ともご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。